« 明明白白我的心・・・ | トップページ | 香港 »

2006年9月10日 (日)

う~ん・・・。

Image039 香港はここのところ、毎日雨でございます。
・・・前回の日記を書いた頃とあまり状況は変わらず。脚本がまだ出来ていない。2週間後にインなのに・・・。
シンガポールから合流してきた厳華(イム・ワー。「鬼武者3」のオープニングでは、金城武をやってる)と、ドニーの家で柔術の練習をしたり、アクションのコンビネーション(ロケハンに行けてないから、コンビネーションくらいしか考えられない)を考えたりの日々。なまりきってた体が締まってくるのを実感している35歳(笑)。

昨日から「マスサン」が関西でも上映が始まり、いろいろ感想が送られてくるので、そういうのを見ると日本社会から隔絶されてしまっている自分はかなり癒される。
ああ、ちゃんと見てくれてる人がいるんだなあという感じ。中には高校時代の少林寺拳法部の後輩とかもいたり。これを機に今度OB会をするかもしれん。今さらながらネットってすごい。
映画に限らずだが、やっぱり作ったらねえ、誉められようが貶されようが、何らかの反応が欲しいものなのですよ。「マスサン」では、吉川さんとかもそうだったなあ。音楽ができたら、すぐ感想を求められた。そのへんはすご~くよくわかる。
しかし、モーニングショーのみの劇場とかって、平日誰が見に来るのだ?甚だ疑問だが、そのへんは自分がどうこう言えることではないので仕方ない。

昨日は映画「マイアミ・バイス」と「ストーム・ブレイカー」を連チャンで。「ストーム・ブレイカー」の方が面白かったが、「マイアミ・バイス」も今の自分には勉強にはなった。銅鑼湾(コーズウェイ・ベイ)に住んでるので映画を見るにはとても便利。
にしても、外を見るとまた今日も雨・・・。あーあ。

|

« 明明白白我的心・・・ | トップページ | 香港 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

本日、六本木では売切れてしまっていた、サントラを池袋で購入してきました。聞いているとシーンが目に浮かびます。元気も出て来る感じで、とても気に入りました!!劇場の大きな画面で予告が流れていましたが、今週末に行ける可能性が出てきたので、何とか初日以降3回見られそうです。(ノルマには届きませんが・・・実は前売り一枚劇場近くで紛失。どなたか拾って見てくれていたら、嬉しいのですが、全くドジです。)
 先日、六本木で見た時は、千葉さんのダブルや、音楽まで気をつけて見ることが出来ました。見る度感じるのは、アクションは(台詞のない)表情演技の大切さ。やられ役演技を見るのが好きで、最初の皆さんのやられる表情・演技・飛ばされ具合等を、見じっくり見ましたが、やはり御大(笑)に痛さでも程遠い感じで、思わず頑張れといいたくなりました。(笑)本当にやってるようにいかに見せるか、(香港は本当にやっている?!)鍛えて痛みが解るから表現できる!?頑張って欲しいです。その中でも、木下あゆ美さんは、戦う時の痛そうな表情など、迫力判じられていいですね。
 長々失礼いたしました。お身体にお気をつけて、頑張ってください!(サインありがとうございました!!ジャッキー&千葉ちゃんと、一緒に飾ってあります。)
 

投稿: tik | 2006年9月12日 (火) 01時11分

tikさん、いつもいつもありがとうございます。

>六本木で見た時は、千葉さんのダブルや、音楽まで気をつけて見ることが出来ました。
音楽は気をつけて聞いてほしいですけど、ダブルはあんまり見ないでほしい(笑)。でも、そう言うってことは1回目はあんまり気にならなかったってことですよね?

>その中でも、木下あゆ美さんは、戦う時の痛そうな表情など、迫力判じられていいですね。

木下は、いろいろ考えて悩みながらやっていたので、そういう風に評価してもらえるのはうれしいですね。彼女にしろ、千葉さんにしろ、表情や芝居に説得力があるから、吹き替えを使っているかどうかが気にならなくなる、というのはあると思います。

投稿: 谷垣健治 | 2006年9月12日 (火) 12時26分

tikさんへ
追加です。
「OVERCAME」、いいですよね。男性ボーカルを使う案もあったのですが、女性の高い声の方が役者陣の、映画にかけるひたむきな気持ちがより引き立つんじゃないかなあと思って上原奈美さんにお願いしました。
NG集も出来るだけ、セリフのNGではなく、体をはったNGを選んでみたつもりです。NG集やメイキングを入れるのは1本の映画としてどうかという見方もありましたが、TVでやってるようなヘラヘラとおふざけの延長みたいなものには絶対ならないし、このNGを入れることがそのまま役者へのねぎらいになる、と思ったもので。
実際、あのエンドロールで映画の満足度&役者への好感度、上がりますよね?

投稿: 谷垣健治 | 2006年9月12日 (火) 13時24分

早速レス頂きありがとうございます。
初日は、実際、見破れませんでした。(笑)とても動きが似ていて、後ろ姿も見分けつきにくく、演技もカット割りも、お見事!拍手!!(自分は、ダブルの方、スタントマンの方には大きな拍手を送りたい!)

>表情や芝居に説得力があるから

千葉さんのコメントにもあった、”リアル”ということですね。痛みを伴う演技、迫力が伝わる表情(覆面アクション俳優の弱点?!)&肉体表現
がアクションには不可欠。トークショーでの倉田さんと千葉ちゃんの対決シーンの後付CGの話、納得でした。

サントラは、ロックもバラード系もいいです。エンドに流れた「ロコ!思うままに」は、初日、ちょっと以外でしたが感激に浸ることが出来ました。何度聞いても、初日の興奮が蘇ります。続いてNGシーンに流れる「OVERCAME」も映像にマッチしていて、歌詞もジーンときます。倉田さんも千葉ちゃんも、夢にいつか、辿り着いて欲しいと願ってしまいます。(笑)

>おふざけの延長みたいなものには絶対ならないし、このNGを入れることがそのまま役者へのねぎらいになる

NGシーンみな頑張ってましたね!千葉ファンには特に美味しい!(笑)現代のアクション作品には、真似るような幼稚な輩が現れない為にも、メイキングは必要な気がします。どんなに時間をかけ、身体痛めて作ったシーンか解るように!NGで67歳の千葉さんが埃りまみれになって転がるシーンは、「キイハンター」時代を思い出し、感動してしまいました。(笑)監督さんと倉田さん千葉ちゃんの撮影風景も、もっと見たかったです。又、長くなって失礼しました。

投稿: tik | 2006年9月12日 (火) 16時15分

日本もいよいよ秋の長雨シーズン到来とかで 朝からシトシト めっきり涼しくなりました
先日の9月9日の池袋シネリーブルでは アンケートに答えた方の中から5名さまに
なんとっ!倉田先生&千葉ちゃん 御大お二人のサイン入りプレスが配られたとか…
う~~ん 池袋は遠いし土・日は出かけにくいのでチェックしてなかった…
この豪華プレゼントをゲットされた方 うらやましいです~~

投稿: June | 2006年9月12日 (火) 22時11分

tikさんへ
>監督さんと倉田さん千葉ちゃんの撮影風景も、もっと見たかったです。
DVDの特典で十分、見れるはずです。今、思い出しても緊張感が・・・。

Juneさんへ
僕も欲しいです・・・。

投稿: 谷垣健治 | 2006年9月13日 (水) 01時18分

はじめまして、本日、大阪のシネフェスタにて「マスサン」を観てきました。
オープニングでアクションシーンで引き込まれ、お茶目な倉田さんに笑い、千葉さんの迫力にビビリ、時間があっという間に過ぎてしまいました。
ところどころで、そこかしこに起こる笑い、エンドロールが流れるのが最後で止まるまで、誰一人せきをたつ人が居なくて、みんな楽しそうに出て行かれました。
パンフレットが売り切れで、ちょっと哀しかったですが、一緒に行った友達と、感想を述べ合いつつ帰宅しました。
もう一度、映画館まで足を運べるかどうかわからないのですが、彼女とあちきは、DVDの購入を決心してます。
お体に気をつけて、頑張ってください。
奈良県在住の同級生としては、なんだかとっても元気をいただきました。

投稿: 鈴也reiya | 2006年9月14日 (木) 01時21分

鈴也reiyaさんへ
鑑賞ありがとうございます!ブログも拝見しました。
奈良県在住の同級生・・・? ひょっとして知り合い?
ちなみに僕は富雄第三小学校ですが。

>時間があっという間に過ぎてしまいました。
よかった。ストーリーは確かに説明不足な部分もあるかもしれませんが、それをわざわざわかりやすく説明するために全体をタルくしてしまうよりは、客を飽きさせないように、あの手この手で引っ張って、勢いのあるまま終わらせようと心がけました。

DVDも、どうぞよろしく!

投稿: 谷垣健治 | 2006年9月15日 (金) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103476/3385367

この記事へのトラックバック一覧です: う~ん・・・。:

» 映画鑑賞「マスター・オブ・サンダー 決戦!! 封魔龍虎伝」 [鈴也reiyaの覚書]
本日、いつもの友だちと二人で、大阪で観て来ました。 監督の谷垣さんが、同じ奈良県出身で同い年ということもあり、香港映画でスタントをされているのを探したり(「SPL」でも見つけましたよ^^)と以前から注目していたんです。 その方が、監督をする映画なら観なきゃ!ということで、大阪での公開を待ち望んでおりました。 いや〜客層が、幅広かった!アクション映画ファンなんだろうな〜という男の方や、中年のご夫婦、若い女の人2人連れ、若いカップルに西洋系の外国人カップル、アキバ系の方、・・・・ チケットを..... [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 02時37分

« 明明白白我的心・・・ | トップページ | 香港 »