« ごぶさたです。 | トップページ | 香港・上海 »

2006年11月28日 (火)

STARDUST STUDIO

・・・のサイトのトップ
     ↓
http://www.stardust.jp/

にある右の画面をクリックして「マスサン」を選ぶと、木下あゆ美&倉田先生・千葉先生のコメントつき画像が見れますんで。

情報元はTSUBAKI st/椿隆之さん応援ブログ

            ↓
http://niko2bakisan.jpn.org/bluesky/tsubakist/bakisanblog/diary.cgi


DVD公式にもなかったから、知らんかった・・・。多謝。

P1000261 写真は木下が表紙だったので、銅鑼湾そごうで購入したスピリッツ。
45HKドル(約720円)ナリ!

|

« ごぶさたです。 | トップページ | 香港・上海 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
お元気そうにご活躍されているご様子、
いつも読ませていただいております。

映像、早速見てきました!DVD特典が、今から楽しみです。
やっぱり、一番に見たいのは、
倉田さんと千葉ちゃんのバトルシーンのメイキング!
この週末、予約してきます。
発売まで、サントラ聞いて我慢!します。

投稿: tik | 2006年12月 1日 (金) 21時36分

お久しぶりです。

某カラオケ屋で一緒に働いていた、
デカイ男です。
今は監督してるんですね~
元気っすか??
また、見に来ます。

投稿: kit | 2006年12月 2日 (土) 13時47分

tik さんへ

こちらこそ、ごぶさたしてます!・・・といいつつ、そちらのBBSをけっこう拝見したりしてますが(笑)。「マスサン」を「Tokyo Drift」や「Winds of God」よりも気に入ってくれたのは、とてもうれしいです!メイキングでも濃い~い千葉センセイが見れますんで、よろしく!

kitさんへ

某カラオケ屋で一緒に働いていた、デカイ男・・・? トオル・・・? 太一・・・? ゲンちゃん・・・? 誰だ? まあ、いいや。次回は本名で!
今は監督? いやいや、アクションに関することなら何でもやってますよ! 現役バリバリ!

投稿: 谷垣健治 | 2006年12月 4日 (月) 22時46分

谷垣様、
つたないBBSでお恥ずかしい限りですが、ご覧くださりありがとうございます。m(__)m

>「マスサン」を「Tokyo Drift」や「Winds of God」よりも気に入ってくれたのは
今の千葉ちゃんの殺陣を見られて、やられ(爆)転がるアクションシーンまで見られたら、長年のアクションファンとしては、もう何も言うことありませ~ん!(笑)

>メイキングでも濃い~い千葉センセイが
ありがとうございます!メイキングで、感動した千葉ちゃんと谷垣監督のツーショットが再び蘇って来ました。(笑)楽しみで、待ちきれません!!

どうか風邪に怪我にお気をつけて、頑張ってください。ご活躍祈っています!


投稿: tik | 2006年12月 6日 (水) 23時29分

tikさんへ

>今の千葉ちゃんの殺陣を見られて、やられ(爆)転がるアクションシーンまで見られたら

シンプルで力強い殺陣ですよね。立ち回りは初心者がやると、どうしても「おちゃらかほい」みたくなってしまうんですが、千葉先生のそれは、芝居としての立ち回り、この役ならどう動くということに根ざしたものなので、そこにとても説得力があるというか。
現場で初めて見たときの感動は今でも忘れられません。「俺は絶対立ち回りはやらん!」と宣言して、周りを焦らしておいて、一気にガーン!と見せて、ニヤリとする。憎いですねえ。自分が動くということの価値を知っている人ならではの見せ方でございます。

投稿: 谷垣健治 | 2006年12月 9日 (土) 15時41分

谷垣様、

ありがとうございます!!とても聞きたかったお話が聞けて、レス読ん
だ瞬間胸がジーンとして言葉が出ず倒れこみました。(隣に初日一緒に見た相方が、どうしたの?!と・・・笑)

>現場で初めて見たときの感動は今でも忘れられません
一緒に感動してしまいました。改めて、千葉さんを最後まで口説き落としてくれた倉田さん、谷垣監督、そしてこの作品のゴーサインを出してくれたプロデューサーの方に感謝しています。

>自分が動くということの価値を知っている人
アクションせずにいられない方!?(笑)幸運にも、先日お会いする機会がありましたが、お元気そうで、まだ、もっと、動いて(械体操選時代に培った独特の身体の線、切れ、リズム)見せて欲しいと思いました。どうか、又、口説き落としてください。m(__)m

どうぞ御身体お気をつけて、お仕事頑張ってください!(真田さんと競演する、ジャッキー元気でしたが?笑)

投稿: tik | 2006年12月10日 (日) 07時58分

tikさんへ

>アクションせずにいられない方!?

・・・というよりは、何でもかんでも簡単にアクションを披露するのではなく、ここぞというときにしか見せない=だから、千葉真一がやるアクションは貴重であり、価値があるという認識にさせる。それが自分の価値をわかっており、それを安売りしないということだと思います。

投稿: 谷垣健治 | 2006年12月10日 (日) 18時33分

谷垣様

ありがとうございます!よくわかりました。

>何でもかんでも簡単にアクションを披露するのではなく
「KEYHUNTER」で、さまざまなアクションを見せてもらった時からのファンにとって、時の流れを感じてしまいますが、アクション映画が減り、アクションファン層も少なくなって、時代も変わってしまいました。残念です。

>自分の価値をわかっており、それを安売りしない
千葉さんも、そんな時代(年代)になったということでしょうか。(^^)

>千葉真一がやるアクションは貴重であり、価値がある
そんなアクションを今回見せていただけたこと、本当に感謝しています!

投稿: tik | 2006年12月10日 (日) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103476/4339250

この記事へのトラックバック一覧です: STARDUST STUDIO:

» 千葉そごうが新しく [千葉のそごうに行ってみよう]
千葉そごうの情報を集めました。 少しでもお役に立てればと思います。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 15時00分

« ごぶさたです。 | トップページ | 香港・上海 »