« 黒色星期五 | トップページ | 編集 »

2009年2月20日 (金)

映画三昧

最近はうま~い具合にロケハンのない日に試写がはまったり、友達と会えたりと神様が素晴らしい采配をしてくれている。

ここ2日も幸福な時間だった。

だってですよ、「レッドクリフ2」&「新宿インシデント」&「GOEMON」といずれ劣らぬ傑作を立て続けに見れたんだから!
今年はつまらん映画を出来るだけ見ないようにしようと年初に誓った。

最近は「少年メリケンサック」がお気に入りで劇場で2回見たが、もう1回ぐらいは見たいと思っている。可愛い女の子がぶっさいくな顔やえげつない顔をするとキュートに見えるという自分の理論はここでも見事に証明されている!

しかしその一方、「ララピ*」のような作品に出会ってしまうこともある(金を払ったのだから批判する権利はある)・・・。

しかし、ここ2日の黄金の3連チャンは素晴らしかった。一つぐらいはハズレがあると思ってたのに。


まず、「レッドクリフ2」。1より全然面白いし、ジョン・ウーらしい。最後の火の中での戦いは確かにすごい。そりゃ人も死ぬわ。ロマンとギャグは紙一重ということを再発見(笑)させてもらいました。

そして「新宿インシデント」。これは自分も絡んでいるので客観的には見れないし、重くて救いがないけど、ずーっと後を引く映画。
最近のジャッキー映画は正直、ストーリーで工夫しててもアクションになったら結局いつも通りなので、アクションで(見てる側の)テンションが下がってしまうことが気になっていた。でもこの作品のアクションは人物に則したものになっていて、とても自然に見られる。
役柄自体もジャッキー・チェンがその役柄を演じているのではなくて、その役柄になっている感じがしてとても好感がもてた。すごい勇気のいることだと思う。
既に見た人からは「アクションそんなに多くないですね」と聞いていたが、それはアクションアクションしたところがないだけで、ある意味では全編アクション、というかリアルな暴力描写が貫かれている。それが自然に見えるからアクションとして見られないんじゃないかと。これは作品にとってはいいことだと思う。
イー・トンシン監督はやっぱすごいわ。

そして「GOEMON」。これまたすごく面白いという評判は聞いていたので、「ホントかよ~!?」という気持ちもちょっとありつつだったが、もう完全に打ちのめされた。
やばいやばい。 
妥協せずに最後まで貫いた感じが画面からびんびん伝わってきて、すごい見ごたえがあった。何よりストーリーが面白い!!

・・・なーんてことを書いてたらもう4時じゃないの。これから山中湖までロケハンで~す!!

Image273

|

« 黒色星期五 | トップページ | 編集 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

GOEMON
さっそく検索してみました!


豪華です!
豪華すぎます(^O^)

江口洋介さん
中村橋之助さん
寺島進さん
広末涼子さん

メイクの感じで、暗そうな印象ですが!
谷垣さんが面白いというので、間違いはないと思うので、劇場まで行きます!

今年は
†カムイ外伝
†チョコレートファイター
†GOEMON
†レッドクリフⅡ
といった数々の作品が上映されるので楽しみです!

タイ映画
チョコレートファイターは、初めて劇場で観ようと思ってます!

マッハ
トムヤムクン
とDVDで観て、良作だったので、トニージャーは出ないモノの、アクションに期待できます!

トムヤムクンは、アクションを芸術の域まで高めた作品だと思いました!

新宿ピカデリーで上映されない映画は、足が遠のきますが!
新宿ピカデリー以外だと、観に行く気がしないです(観た観ないに関わらず、好みの映画DVDは、後に購入します)

ところで、谷垣さんに御聞きしたい事が御座います!

私は25歳を過ぎた頃から、柔軟に力を入れる様になりました
武術界の人々からは殆ど・子供の頃からでないと無理!
と言われます!

私は180度開脚が出来る様に成りたいで

投稿: 風見光太郎 | 2009年2月20日 (金) 10時45分

確認をしてから投稿したのに何故か切れてます(;_;)
スミマセン

前後左右に
180度開脚をしたい私は
運動前後
入浴後
起床後に柔軟を行っております!

やはり幼い頃からヤッテなければ、無理でしょうかね?

無理でもヤッテやって、やりまくりますが(^O^)

また
良い柔軟方法は有りますか?

私は腹筋台を立てかけて、柔軟を行っております!

では長文に成ってしまいましたが、最後まで読んで下さいまして有難う御座いました!

御指導 御鞭撻の程 宜しく御願い申し上げます!

追伸
今まで観た海外の
私が好きな映画は
マッドクンフー猿拳トムヤムクン
阿羅漢
千機変
です!

失礼致します!

投稿: 風見光太郎 | 2009年2月20日 (金) 10時55分

「GOEMON」、私も月曜に観ちゃいました。なんとシークレット試写会に行ったら、この映画だったというラッキーさ!

告白しちゃいますと、この映画、またまたエキストラで出ております(^^;)。そしてエンドロール、観ていただけました?私たちボラエキの名前がどどーんと並んでおりました!大興奮でした(笑)。

実は私、紀里谷監督の作品は初めて観たのですが、前作の評判を聞いていましたので、いくら思い入れがあるとはいえ、又、良い雰囲気の現場を経験したとは言え、正直、不安でした。映画を観ても、多少、気になる部分がありました(偉そうですが)。でもでも、とても楽しめたんです!

映画大好きでエキストラに参加しているので、映っている云々はどうでもよくて、映画が成功すると、本当に嬉しいです。プロと一緒にするのは大変失礼ですが、このような感動を、谷垣さんはじめ、スタッフの皆さんは毎回味わっていらっしゃるのだなーと、劇場で完成した映画を観る度に羨ましく思います。

「新宿インシデント」は、エキストラには参加していませんが、制作時から気になっていたので、谷垣さんの感想を読んで、ますます気になりました。絶対に観ますね!!

投稿: ゆう | 2009年2月20日 (金) 15時12分

風見光太郎 さん

柔軟は毎日地道にやるしかないでしょう。何をするにしても遅すぎるってことはないです。

ゆう さん

GOEMON、面白かったですよね!! エンドロールでボランティアの名前が出たところは僕も「おお!」と思いましたよ。
やっぱり映画はスタッフもキャストも「やりがい」で動いてるようなところがありますからねえ。
現場でもちろんそれぞれ立場の違いこそあれ、みんな映画が好きで集まってきてるんだから、そのお世話になった人たちに顔向けが出来るような作品にするべく、仕上げもがんばるわけです。
だから、MA(ダビング)とゼロ号、初号試写は毎回何ともいえない気持ちになりますねえ。
「新宿インシデント」は仕上げには関わっていませんが、参加したことを誇りに思えるような作品になってましたよ!

投稿: 谷垣健治 | 2009年2月21日 (土) 00時10分

この所天候が定まりませんが 山中湖ロケハンは無事終わられたでしょうか…
「新宿インシデント」ハードな作品のようですがジャッキーの新境地が見られそうで
楽しみです

ところで香港のヴァレンタインは男性が女性に花を送る日なのですかぁ↓(驚)
ホワイト・デーは反対にとか? 作られた風習とは言えお国柄で色々なんですね 

投稿: June | 2009年2月23日 (月) 10時39分

June さん

「新宿インシデント」は僕は好きですねえ。まあ、もともとイー・トンシンが好きなんですが。
しかし、いつも香港の俳優を見てて思うのは、本番直前までずーっと冗談やしょうもない話をしてても、本番でパッと切りかえれるんですよね~。だから、本来泣かせるシーンだったり、シリアスなシーンであっても、その直前にしてた会話まで覚えてる僕は、ちょっとお話に入れないとこもありました(笑)。
そうそう、香港でホワイトデーはなかったような?

投稿: 谷垣健治 | 2009年2月26日 (木) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103476/28227477

この記事へのトラックバック一覧です: 映画三昧:

» f20u3B0DE0CB0A206B08808Bf20u3B [映画]
先日のことです。私の友人が教えてくれたんですけど映画についてたくさんの資料を・... [続きを読む]

受信: 2009年2月20日 (金) 05時45分

« 黒色星期五 | トップページ | 編集 »