« 今日の出来事21 | トップページ | 今日の出来事22 »

2009年11月22日 (日)

告知

いっつもギリギリの告知で恐縮なんですが、今晩のNHKスペシャルで夏にやった「十月圍城」の撮影現場が紹介されてますんでよろしく〜。

http://www.nhk.or.jp/special/onair/091122.html

|

« 今日の出来事21 | トップページ | 今日の出来事22 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

見てますよ

投稿: | 2009年11月22日 (日) 22時15分

観させて戴きました
敬愛するドニーの十月囲城☆谷垣さんも出て来たぁ(=^▽^=)


私の知っている中華圏の俳優が多数出て来て最高でした♪


あれだけTVでヤッタのだからコレを機に、日本でも公開してほしいです(*^_^*)


孔子も観たいです♪

日本は国内だけで満足している様に感じています(Θ_Θ)

ハリウッドハリウッドと言わず、低迷してきている様に感じるハリウッドでは無く、中国の様に世界に受け入れられる世界一の映画を日本から発信してほしいです(・ω・)/


それは日本の撮影現場よりも凄く大変そうに見えた中国で活躍している谷垣さんにしか出来ないのではないでしょうか♪

世界一の映画を目指して、良い作品を作って下さい('-^*)/


その時は私も出演したいですY(>_<、)Y

投稿: 風見光太郎 | 2009年11月23日 (月) 02時58分

10時~10時20分の間にドニーさん2回映りましたね。谷垣さん?失礼、気が付きませんでした。(笑)

昨日の番組拝見すると、映画会社戦争で必死ですね。フランスにいたファンビンビン、1シーンの為に香港に呼び戻されたというのが驚きでした。

世界的な映画というテーマだったし、NHKでも取り上げられたので十月囲城は是非日本公開を!

投稿: Ⅰ | 2009年11月23日 (月) 19時24分

拝見させて頂きました!
ドニー様、チン・ガーロッ(名前は出ず)、ダニエル・ウーはカメラ越しで名前は出ずなどなど、「おぉ〜」と思いながら見ておりました。
日本で「十月圍城」を公開して欲しいのですが、有っても小規模かなぁ。
テーマはチャイナパワーという事でしたが、日本は欧米と一部韓国にしか向いていない、というより話題の映画にしか集客できない状況をなんとかしないと、中国語圏、香港の映画の公開だけではなく、映画祭だけで公開が終るような物が増えてしまいそうで怖いです。

投稿: 森高有紀 | 2009年11月23日 (月) 23時12分

某所管理人様の事前告知で無事拝見できました(感謝)
谷垣さんのシーンもしっかり アクション監督(日本)って出てましたね
ドニーの作品の完成度に対する熱意も垣間見られて嬉しかったです
それにしても厳しいセールス闘争が繰り広げられていて驚きました

イートンシン監督のこだわりにも共感出きる所がありますが それぞれの
お立場で 素晴らしい作品を提供していってくださった観客にとって
とても嬉しいことですね

今日も撮影でしょうか… お怪我のないよう頑張ってくださいませ

投稿: June | 2009年11月24日 (火) 09時16分

NHK「チャイナパワー」で谷垣さんの活躍、拝見しました。
「十月囲城」のライバルとして「孔子」が紹介されてました。
上海での ご活躍 たのもしいですね。
世界に通用する日本人として 今後も応援していきます!
     永遠の谷垣ファン  麻子・リー

投稿: 麻子・リー | 2009年11月24日 (火) 15時45分

谷垣さん、告知ありがとうございました。お陰様で見逃さずに見ることが出来ました。
谷垣さんのお仕事中のお姿も拝見できたし、陳可辛監督、ドニーさんを始めとした色々な方の思いや、作り手と売り手の連携などを知ることができました。ネットが普及している中でも大きく発展していく中国映画市場。いろんな意味で、ますます興味深いものになりました。

投稿: sora | 2009年11月24日 (火) 18時35分

 お久しぶりです、偏食映画ファンです。

 インタビュー受けられてましたね。正に日本代表という感じでしたね。久々に谷垣さんの動画見れて、嬉しかったです。指導してる姿格好良かったですよ。(^^)

 しかし、番組見て中国凄いなあと思いました。日本も映画界は好景気ですし、よく海外配給が決まったとか聞きますが、中国は国を挙げて映画産業に力を入れて、常に海外市場を意識して、すごい宣伝競争をして…、と驚きました。

 ピーター・チャン、すごいバイタリティですね。ウォー・ロードで初めて作品を観たくらいでしたが、いろいろ観てみたいと思いました。十月囲城も本当、劇場で観たいです。

 あと、遅いですが撮影開始したそうで、これから現場のリポート楽しみにしています。頑張ってください。では。

投稿: 偏食映画ファン | 2009年11月25日 (水) 00時42分

広島からはじめまして
今夜、NHKで再放送見ました。二度目ですが、日本は引き離されてるなぁ~って感じました。
まぁそう見える様に作ってるんだろうし、日本の映画界の事も知らないですが。

その中での谷垣さんの活躍を頼もしく感じましたよ。

これからも活躍期待してます

投稿: ヒトシ | 2009年11月25日 (水) 01時40分

風見光太郎 さん

僕が関わってるのは香港映画で、香港のスタッフとして行ってるので、中国の映画作りは正直よくわかりません。でも今の貧しい日本映画界に決定的に足りない、ある種の勢いがあることは否定できません。
世界のマーケットおいうことではアクション映画は有利なのだから、日本でもどんどん作って行ってほしいですね。


I さん

僕も番組見てないんで、よくわかりませんが、「十月圍城」がメインで取り上げられてたみたいですね。
日本公開は・・・、値段次第かなあ(笑)。


森高有紀 さん

そうですね、日本国内における中国映画と、こちら中国での感じ方は全く違いますねえ。エリート意識で中国映画を見下しているうちに、いつの間にか中国の映画産業からカヤの外になってなければいいのですけど。
みんなバカみたいにハリウッドばっかり向いてるから。


June さん

国営放送の力ってすごいですね。いろんなところから「見たよ〜」と連絡をもらいました。僕はまだ見てないんですが(笑)。
今日も昼過ぎから現場です!!

投稿: 谷垣健治 | 2009年11月27日 (金) 11時24分

麻子・リー さん

僕は香港映画が好きでこの世界に入ったのですけど、いまや香港映画と言っても撮影地はほとんどが上海・香港になってしまいました。
でも、ドイツでもアメリカでもタイでも上海でも、自分たちの撮りたいアクション映画を作って行くだけなんで、あんまり世界で!っていう意識はないんですよね。
ああ、日本でアクション映画作りたいな〜・・・。

sora さん

あの番組のディレクターの方はかなり入念な準備をして、いろんな取材をしていったので、興味深い番組になっていたんじゃないかと思います。
中国映画、というか香港映画もっと日本で公開してほしいですね。自分の関わった映画でも未公開作がたくさん・・・(悲)。


偏食映画ファン

あんまり日本の悪口言いたくないんですけど、やっぱり撮影におけるサポートが少なすぎますよね。「新宿事件」のときなんか、監督かわいそうでした。
ピーター・チャンは監督としても優れてますが、現場で見てるといろんな問題を次々に解決して、そのEQの高さはすごいな〜と感じ入った次第です。
アンドリュー・ラウ組の撮影はまだ始まったばかりですが、書ける範囲でいろいろアップしていきます。
乞うご期待!

ひとし さん

う〜ん、日本映画は僕大好きなんですけど、自己完結してるな〜とは思います。
でも、日本でのアクション映画をもり立てれればと常に思ってるので、これからもがんばります!

投稿: 谷垣健治 | 2009年11月27日 (金) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103476/32306097

この記事へのトラックバック一覧です: 告知:

« 今日の出来事21 | トップページ | 今日の出来事22 »