« 今日の出来事30 | トップページ | 今日の出来事32 »

2010年1月11日 (月)

今日の出来事31

1月7日 2時半出発で現場へ。今日もいっぱい爆破! 
ここはいわゆる「金属厰」と呼ばれるロケ現場なのだが、最初にここに来たときは「葉問2」でドニーとサモ・ハンが闘う「茶樓」のセットだった。それが新聞社になったり、日本軍の本部になったり、警察になったり、解体実験室になったり、どんだけ使い回しとんじゃい!!というくらいフル活用されている。
「金属厰」というぐらいだから、元は金属関係の工場か何かだったんだろうが、日本でも閉鎖した自動車工場とかを自治体が誘致して撮影に使わしてくれたら、さぞかし便利だろうになあ、と思う(ヘタしたら、その街自体がゴーストタウン化してたりするから、街全体使って大きなアクションできるかも)。
今年になって初めて撮影部としても稼働。ARRI435の50mmのレンズで爆破をキチッと捉えた!
明日で爆発シリーズは終了!


1月8日 昨日は室内で爆破の連続だったが、今日は屋外で爆破。・・・って言っても、スタントマンの数は限られてるから、結局同じメンバーが顔を隠したり、帽子を深めにかぶったりしながら、何回も吹っ飛んでる。今のところ、一番死んでるのは富田だろう。次点でチョメって感じかな?
吉田さんは特徴がありすぎて、そうおいそれと出せないし(でも、最近は大活躍だ)。
今日も撮影部として稼働。カメラ回してるときは「みんな、火に包まれてしまえ〜!」と思ってしまう自分が恐い(笑)。


1月9日 朝から浦東にある移民局へ。別に移民するわけじゃなく(笑)、中国滞在が3ヶ月を越すのでビザの延長手続きのため。ああ、一回日本に帰れると思ったのに・・・。
松江に戻って、日本の役者さんのアクション練習。この人は日本では今をときめく大スターなので、けっこう気を使うかな?と思ったが、とても気持ちのいい人で、飲み込みも早いので助かった!
そのあと、先日撮影した分のTC(テレシネ)が来たので編集。
朝、早起きしたのでムチャクチャ眠い・・・。
が、明日は実は副武術指導の渡哥の誕生日。12時になった瞬間に編集室の隣でケーキを囲んでみんなでお祝い。自分が香港に行ったばかりの頃から世話になってる彼は今年で54歳!! 話は長いが、むちゃくちゃ元気だ!
吉田さんのときはケーキまみれにしたスタントマンたちも、渡哥にはさすがにケーキはぶつけなかった(笑)。一応、空気読めるんだな・・・。
ビールとかウィスキーとかも開けて、かなり酔っぱらったし。
編集? いや、もう今日は寝ますって、そりゃ。


1月10日 今日は10時半出発で撮影。詳しくは書けんが、ドニーがすごいがんばってた! 46歳なのに、努力を続ける姿勢はすごい!! 
帰ったら、金像奨の投票用紙が届いていた。そうか、もうこんな季節か〜。
よし、最優秀主演男優賞は「十月圍城」のドニーにしてあげよう(←なぜか上から目線)!

それと告知。
キネマ旬報社から、気がついたらこんな本が発売されてました!

「オールタイム・ベスト 映画遺産200 日本映画編」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873766958/kinejundb-22/ref=nosim

「オールタイム・ベスト 映画遺産200 外国映画編」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873766966/kinejundb-22/ref=nosim

それぞれ寄稿してるんで、よろしく!!


Jpg102

Jpg100

(左)1月10日生まれのキャスト&スタッフ4人合わせて現場でもお祝い。
(右)これが投票用紙。

|

« 今日の出来事30 | トップページ | 今日の出来事32 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

わー本物の投票用紙だ!貴重なものを見せていただいて、ありがとうございます!

というより審査員メンバーの谷垣さんが、今さらながら神々しく見えてきました・・・。

投稿: ゆう | 2010年1月11日 (月) 14時07分

先週から日本でトニージャー主演の「マッハ弐」が公開され観てきました。
内容はいろいろな要素を詰め込み過ぎて中途半端な作品だったように思いましたが、トニージャーのアクションは健在でした。
次回作ではドニーとの共演もあると聞きます、どんな作品になるか今から楽しみです。

投稿: 皆吉忠三郎 | 2010年1月12日 (火) 21時22分

ゆう さん

香港でユニオンに入ってる人はみんな投票権があります。
しかし、毎年エントリーされる作品が減って行ってる(特にアクション映画)のは寂しいかぎりですね。

皆吉忠三郎 さん

う〜ん、「マッハ弐」は確かに作品としては日本では受け入れられにくいのかもしれませんが、一番トニー・ジャー個人の嗜好が色濃く出た作品だと思います(まあ、監督ですからね)。
監督第一作で一番大事なのは、技術ではなく勢いだと思うので、そう言う意味では成功しているのではないでしょうか?

投稿: 谷垣健治 | 2010年1月21日 (木) 02時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103476/32900994

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の出来事31:

« 今日の出来事30 | トップページ | 今日の出来事32 »