« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

今日のつぶやき12

5月17日 来月からしばらく家を空けるので、衣類も本もDVDも今すぐ使わない物は新宿の倉庫に移動!
ここの倉庫にしてからもう3年経つけど、マットもトランポリンもワイヤーもサポーターも小道具もそれから前述の私物も一切合切収納してるので、さすがにパンパンになってきた。
出発前に一度徹底的に整理しないと・・・。
そのまま新宿でジョニー・トーの「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」を鑑賞。
相変わらず、「ギャグとロマンは紙一重」なジョニー・トー節炸裂だったけど、けっこう客が入っていた! これがダメなら香港映画はますます日本で公開されにくい状況になるだろうから、ここは何とかヒットしてほしい。
新宿武蔵野から椿屋に移動し、打ち合わせ。
そこから「やんばる」でソーキそばを食べて新宿ピカデリーで「パリより愛をこめて」。「アルティメット」→「96時間」→それから本作、とピエール・モレル監督はいい仕事するな〜。大好きな監督の一人です。
エンドロール見たら、Aカメは自分で監督自身がやってたりするんですね〜。カメラマン出身だからか。
というわけで、今日はずーっと新宿の半径100メートル以内で過ごしたのだった・・・。

5月18日 「アイアンマン2」試写。
パラマウントは今年から試写が予約制になったので、最初は「めんどくせ〜な〜」なんて思ってたが、名刺や試写状出さなくていいし、満員で追い返されるという事態もないので、とても合理的に(今は)思える。
で、「アイアンマン2」! やっぱり面白かった! もうどう撮ってるのかさえわからん!
こういうの見てしまうと、ますます自分たちは竹槍で戦う(by 深作欣二)しかないんだ、と実感させられる。
・・・でも、「葉問2」は香港の興行収入に限っていえば、自分たち独自の竹槍で「アイアンマン2」に勝ったんですよね。
これはすごいことだ・・・!

5月19日 「私の優しくない先輩」試写@六本木。
全く予備知識なしだったし、上映直前にドニーから電話かかって来て(長いんだこれが)最初の3分ぐらい見逃してしまったのだが(←超顰蹙だ)、すごくすごくすご〜くよかった! 
今年の邦画のベスト1!はオーバーにしても、トップ3ぐらいに入る(自分的にですよ)。
これを見終わった人の半分以上は、脳裏に本作の主題歌「MajiでKoiする5秒前」が渦巻いてることでしょう(想像するとキショイな・・・)。
で、上映後に同じくファントムフィルム配給の「リアル鬼ごっこ2」の試写が虎ノ門であると聞いたので直行! 劇場では見れないだろうな〜と思ってたのでよかった! 
前作が「ターミネーター」だとすると、今回は「ターミネーター2」みたいな感じか(わかる?)。
アクションも前作よりパワーアップしてて(ちなみに前作は自分がやってましたが・・・)、迫力満点。
上映後に柴田監督と会ったが、やつれてた(笑)。命削ってこの映画作ったんだろうから、ヒットしてほしい。そして、また一緒にやりましょう(←結局これが言いたかったってか)!

5月20日 今日はすげえ暑さだ〜。キックの練習に行ったら、あまりの熱気で倒れそうになった。
そのあと、近所に住んでるカメラマンの田中一成さんに会う用事があって、そのまま飲み。
さっき、動いたこともあって酔いがまわるの早いわ〜。
フラフラになりながら、中国のイム・ワーに電話。とりあえず、今撮影中の「関雲長」の状況を聞いて、今後の作戦を練る。
あ〜、そろそろチケットも予約しないと。でも眠いから、今日はとりあえず寝る。

5月21日 朝から脚本読み。が、中国語でしかも文語体なので、読めば読むほど睡魔に襲われる。
それにパソコン上のデータで読むというのは、それが日本語であろうと中国語であろうと英語であろうと、自分の場合、本当に頭に入って来ている実感がない。
やっぱり、紙にプリントされて、そこにいろいろ書き込みを入れれる状態じゃないとダメだな〜。
世はiPadが注目されて、書籍の危機!とか言われてるけど、自分のような人間がいる限り、紙媒体はなくならないだろう。
・・・とか言って、1年後ぐらいには「いや〜、iPad最高!!」なんて言ってそうな自分がいそうで、そこらへんはちょっと信用できない(笑)。
途中で挫折して、渋谷で打ち合わせして、そのあと資料を探しに神保町古書街へ。
このへんって、6時半ぐらいでみんな閉まっちゃうんですね。明日また出直しだ・・・。


Jpg145

2

3

(一番上)「アイアンマン2」&「私の優しくない先輩」&「リアル鬼ごっこ2」プレスシート。

(中&下)先日作った、NIKEのダッフルバッグ。自分ではかなり気に入ってるんですが・・・?
両脇に「KENJI」と「70」のマーク入り。「70」は1970年生まれっちゅうことですわ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年5月17日 (月)

今日のつぶやき11

さあ、いろいろ思い出しながら(笑)更新!

5月8日 家の冷蔵庫が冷蔵庫のくせに冷たくならないという事態に陥り、いただいた高級牛肉も腐らせてしまう(悲)。冷凍庫のアイスクリームなんかもうドロドロだよ。
修理に来てもらったらファンが回らなくなってたとかで、ものの10分で直してくれた。
こういう技術を持った人は尊敬する。
自分の技術は・・・何か世のためになってるのだろうか?
夜に友人のMike Leederから電話インタビュー。ヤバい!英語が退化してる。English doesn`t come out easily...


5月9日 日俳連では俳優のアクションライセンス制度というのを実施しており、年に何度かその審査会というのがある。今日はそれの審査員で参加。
規定の現代アクションを谷垣が作り、時代殺陣は若駒の竹田先生が作って、参加者の人たちは初級・中級・上級に分かれて、それを実演していく。
普段一緒にやっているわけではない人から20手近くの立ち回りをつけられて、それをいろんな感情をこめて、しかもセリフも入れてとなると、なかなか難しいとは思うけど、でも現場は本来そういうものだからしかたがない。
結局、合格した人たちはやみくもに技で覚えるのではなくて、芝居の流れを自分なりに咀嚼し、自分の立ち回りに特化できた人たちなのだった。
やっぱり説得力、ということですかね。
夜はアクション部会の皆さんで軽く飲み会。それぞれアクションの思考や嗜好、年齢や環境も違う者どうしだけど、そんなもん集まってしまえば大同小異。いろいろな映画の話で盛り上がった!
JAEの西本さんの話とか面白かったなあ。真田広之がいかに天才的だったかとか。
帰って、「百地三太夫」が見直したくなってきたよ。
でも、飲み過ぎて頭が痛い・・・。


5月10日 来年やる(かもしれない)作品のプロットが送られて来て、それについての意見を書いて返す。自分が相手の立場だったら、すぐにフィードバックが欲しいだろうから、こういう時はとにかく何でもいいから速攻でリアクションを返すようにしている。
時間経って、整理された意見なんか当たり障りがなくてほとんど役に立たないし。
そうしているうちに今やってるヤツのCGチェックもあがってきた。これも直感で見た感じを書いて返す。細かいことは会ってから言えばいい。
そのうち、郵送で「新・闇武者」のサンプルDVDが送られてきた。ああ、そういえば去年やったような・・・というくらい忘却の彼方。
これは・・・、もう完成してしまってるから何もいいようがないな(笑)。


5月11日 現在訪日中(笑)の吉田浩之さんと新宿でご飯。吉田&谷垣@もうやんカレー!
吉田さん、心なしかスリムになったような・・・? 相変わらず顔は恐いけど(笑)。
夕方から、EXILEのMATSUさんのお誘いで劇団EXILE「DANCE EARTH」を鑑賞@品川ステラボール。

http://www.gekidan-exile.com/

これは・・・、すごかった!! 
もう、みんなずっと踊りまくりでその迫力もさることながら、お芝居とダンスが分離せず、フィジカルな流れで見せきってくれるので、すごく心地いい。
ダンスを事前に1ヶ月ほど練習して、「オレがんばったでしょ?」とかいうノリじゃなくて、本当に彼らの体にナチュラルに染み込んでいるであろうものが発揮されているので、ちょっと何度か鳥肌たった!
チョメも一緒に行ったのだが、「てか、オレら絶対スタミナ負けてるよな? あと表現力も負けてるし、ダンスなんか出来ひんし、しゃべりなんかボロ負けやし・・・」とちょっとへこむ(笑)。


5月12日 吉祥寺で買い物→一昨日もらったCGチェックを受けて、CG打ち合わせ。打ち合わせというか、チェックを入れた部分をその場でどんどん直していってもらう。時にはその場で一人二役でアクションを再現しつつ・・・。
どんどん自分の欲しい画に近づいて行ってることは確か・・・、なのだけど完璧になればなるほど当初あったはずの荒々しさや勢いが削がれていってしまうというのはよくあることだから気をつけないと。
やっぱり完璧だけどツルッとしたものよりは、エッジがあった方がいいんじゃないかと。


5月13日 ちょっと前から書き進めてたプロットを先方に送って朝から異様な開放感。天気もいいし!
急に思い立って原宿のNIKEIDでバッグをデザインした!自分の名前も入れたから現場で盗まれる心配もなし(多分)!
夜は久々にキックの練習に行ったのだが、その前に蒙古タンメンを食べてしまったので、胃がよじれて苦しい(笑)。ヘンな汗かいた。
家帰って来てから、高瀬将嗣さんから送っていただいた「雨に唄えば」のDVDを見る。元々、「午前10時の映画祭」@府中TOHOシネマでやってたのを誘われてたのだが、時間が合わずに見逃してしまってたのだ。
これ、学生時代に見た気になってたのだが、改めてすごい!本当にすごい!これアクション映画だよ!
ストーリーもしっかりしてるし。
ジーン・ケリーとドナルド・オコーナーの「Moses Supposes」とか「Good Morning,Good Morning」、「Make Them Laugh」とかもう衝撃的だった!興奮して、深夜なのにいろんな人に電話してしまった(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=2oWk4ZiuSHE&playnext_from=TL&videos=_kupg0UfwO4

でも、この「雨に唄えば」は1952年の作品なのに、今見てもその凄さが伝わる。というか、CG全盛の現代に見るからこそ、なおさらその凄さがわかるというものだ。
60年近くたっても輝き続ける名作。一方、「マトリックス」は今見直してもけっこうキツいぞ・・・。
でもあれだな、アクションライセンスの審査会から始まって、劇団EXILE、「雨に唄えば」などなどフィジカルな表現というものの面白さと難しさをここ数日再認識させられることになった。
劇団EXILEは19日まで、「雨に唄えば」見たことない人は騙されたと思って見てみましょう!


5月14日 今日もCGチェックに行く。ドニーから電話かかってきてやっぱり来月あたりから中国に行くことになりそうなので、今月中に出来るだけ進めとかないと。
ところでドニーと言えば「精武風雲・陳真」のサイトが出来てますね。予告編も見れまっせ。

http://www.mediaasia.com/legendofthefist/tw_menu.html

夜に「グリーンゾーン」を見る@渋谷。
熟睡・・・。


5月15日 今日は知り合いに誘われて、室内クライミングに10数人で行って来た!

http://www.pump-climbing.com/

前からやりたいな〜とは思ってたのだが、機会がなくて今日が初体験。ハーネスも何もつけずに室内にある5メートルぐらいの壁に打ち込まれてある石というか、ポイントを登って行くのだがこれが深い!
ゴールまで登りきるとアガりますよ。みんな、特に男子は小学生気分になってた。。。
で、最初は木登りと一緒やんけ〜と思いながらスルスルといけたのだが、10分もすると腕がパンパンになってしまって、傾斜のあるコースとかになるともうしんどくて力が全く入らなくなる。
素人で力任せで登る人はこうなってしまうそうだ(笑)。
でも面白かった! そのあと、箸を持つ手が震えてたけど(笑)。


Photo

「フィスト・オブ・レジェンド(伝説の拳)」じゃなくて、「レジェンド・オブ・フィスト(拳の伝説)」なのが、いかにもドニー。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

ポスター

ティーザーポスターですが・・・、カッコよくないですか?

Photo

Photo_2


| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日のつぶやき10

一気に更新!

4月30日 打ち合わせ前に銀行寄ったら、85人(!)待ちだった。連休前だからか。
結局1時間30分待たされ、打ち合わせも遅刻・・・。ちなみに香港だと「金持ち優先窓口」っていうのがあって、一定の預金額以上の人はそっちに行けるというもの。
もしかしたら日本でもそういうのあるのだろうか?まあ、どっちにしても関係ないですが、ハイ。
夜は久々に田中さんのとこで、アクションの練習。今日は基本をちゃんとやり直したかったので、人に教えたり、アドバイスしたりすることは一切やめて、ひたすら教えられる方になろうと決めて来た。
教え始めたら、そのモードになってしまって結局、自分の練習にならないことが多いし、自分の場合、教えてばっかりだと理屈っぽくなってしまう。
でも、基本てやっぱしんどい(笑)。

5月1日 日中はもう絶対にDVDもTVも雑誌も読まない!と決めて自宅作業。けっこうはかどった。
夜は「ゼブラーマン2」見に行く。
帰って来てから、DVDで倉田プロモーション制作の「柔術」も見た。いやこれ、すごいよ。
「柔術」みたいな作品を作れるのは、日本では今、倉田ぐらいしかないだろう。かなり低予算だとは思うけど、低予算なりの戦い方というのがあって、そこで「徹底的にアクションを見せる」というところに特化してこだわってるのが潔くて、いいなと思った。
大作でも何やりたいんだかよくわかんなかったり、本当にこれ撮りたかったのかよ?みたいなのたくさんあるが、「柔術」はとりあえず他の細かいことはどうでもいいから(笑)、とにかくオレたちはアクションだ!アクションはもう、死ぬ気でやるんだ!という心の叫びが聞こえてきそうな感じ。
「倉田の、倉田による、オレたちのための映画」ですね。
ただ、デートムービーではないかも(笑)。

5月2日 天気いいから昼から走って、そのままジム行った。シャドー3ラウンドにサンドバッグ5ラウンド。帰ってメールの返事とかミクシイの返事だとかFACEBOOKの返事だとか請求書作成だとか領収書の整理だとか知り合いの舞台の花の発注だとかやってたら夜になってた。
夜は「イージーライダー、レイジングブル」というドキュメンタリーを見る。70年代、コッポラやスコセッジ、スピルバーグというのは時代の寵児だったんだなあというのがよ〜くわかる1本。

5月3日 午前中、「映画秘宝」原稿。1300字ぐらいだからどうってことないのだが、書くときのテンションを2割増ぐらいに持っていくまでに時間がかかるんだよなあ。
午後は渋谷〜表参道。1年中で一番気持ちいい季節だ!
帰宅してDVDで「刑務所の中」。軽妙な感じがけっこう好きで、崔監督の代表作の一つだと思う。「へ〜、崔洋一こんなの撮っちゃうんだ」みたいに公開当時は思ったことを覚えている。
あとで聞いたら、崔監督はこの撮影の2日目にして足をくじいてしまい、撮影中はずーっと車イス状態だったらしい。現場を行ったり来たりできなくなった監督のために、どんなに遠くてもその都度モニターのコードを引っ張ってくるのが撮影部とかは大変だったらしいが、監督を現場から遠ざけられたのでスタッフはホッとしてたとかしてないとか(笑)。
しかし、集中してモニターを見ることを余儀なくされた監督が、次第に精度が高まって目がシャープになり(笑)、細かいダメ出しが増えたというのも皮肉な話。

5月4日 午前中、書きかけのものを何とか完成。午後は新宿まで出て、なぜかアクション女優志望という方の話を聞くことに。でもな〜、スタントマンになるというのなら何らかのアドバイスもできるかもしれんけど、女優、しかもアクション女優ってことになるとちょっと難しい。
男優だとさ、主役以外にそれにからむ役でアクションをやる機会もあるかもしれないけど、女優でそういうのってなかなかないでしょ(女囚モノとかスケ番モノだとかは別にして)。
だから逆に言えば、からみ役がないということは女優は主役クラスにならないと、ちゃんとアクションを表現する場を与えられないと思うんですよ。そうしたら、まず主役クラスになるためには、アクションよりもやらなきゃダメなこといっぱいあるんじゃない?って思うわけで。
皮肉なことに芝居がしっかりしてる人はアクションやってもそれなりに見せられるんだけど(アクション自体が芝居の延長ですから)、「アクションが得意です」とか「好きです」って言ってる人に限って、芝居がキツい傾向が。これって、普通の日常芝居が苦手なのを「アクション」という、ある形式的かつジャンル的な表現の方向に逃げてるだけって気がするんですがね?
難しいこと考えてたら眠くなってきました。お休みなさい。

5月5日 こどもの日。ということで、昼から「芸能体験」とか言うことで子どもにアクションを体験させるというイベントに参加。去年は後ろ回りが出来ない子をむりやり回転させて泣かしてしまった(笑)ので、今年は優しく、「ゆとり世代」にひたすら楽しんでもらうサービス授業に変更。
小学生がほとんどだったが、パンチ・キック・マット運動をやって5、6手の立ち回りをやって終了。
今年は誰も泣くことなく、楽しんでくれたみたいだ!
来年もやるんで、お子さんのいる方はどうぞ!

5月6日 昨日、張り切りすぎたせいか、太ももが筋肉痛でめちゃくちゃ痛い。てか、階段降りられないし(笑)。あと、昨日から首のリンパ腺腫れてて、全身がものすごい脱力感で全くやる気が出ない。
約束があったので新宿に出たが、終わったあと急に寒気が。
たぶん風邪だな〜。きっと熱があるんだろうが、家に体温計などというシャレた物はないので、こういうときは布団にくるまって寝るのみ。
夜の1時ぐらいに目が覚めたら、チェック用のCG素材が上がって来てたり、返事が必要なメールも何件も入ってたけど、もう全部無視。
寝るのみ!

5月7日 やっぱりまだ調子悪いなあ。午後にCG打ち合わせで遠出したが、何かフラフラしてる。
帰っておとなしくしてた。

Jpg136

Jpg138

(上)ゆとり世代もちゃんと並べる。
(下)こわいお兄さんたちと立ち回り(なぜか座ってしまってるが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

今日のつぶやき9

4月24日 今日は日がな1日パソコンに向かってた。体動かすのが好きで、この仕事やってんのに、その準備のためには、やっぱりデスクワークというのが必要なんですね。腰が痛い・・・。
これが終わったら見るぞ〜!と思ってた「「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」をやっと見れた。
お〜、ウルトラマンがパワーレンジャーみたいなアクションやってる(笑)!
子どもの頃にコロコロコミック信者だった自分は内山まもる先生の書くウルトラマンが大好きで、特にアンドロメロスやジャッカル軍団のくだりが好きだったので、こういうウルトラマンをずっと見たいと思ってた。
また読み返したくなった!


4月25日 池袋→表参道→渋谷。今日はまた携帯が壊れるという悲劇が。
うっかり落っことしてクモの巣のようなヒビが入ってしまって機種ごと交換・・・。
今回は3ヶ月と持たなかった・・・。
こういうのを広東語で「破財消災(財を失うことで、起こりうる災難を止めるという意味。「財」と「災」が韻を踏んでいる)」って言うんですね、きっと(と言い聞かす)。
で、新しい3DSにして、速攻で家に帰ってデータを入れ直す。
i Tunesから復元して30分ほどで、約2000曲&200動画&全アドレス&写真&通信記録などなど全てめでたく復旧!!
自分なんか今朝何食べたかも覚えてないのに、さすがi Tunes、すごい記憶力だ!
夜に今さらながらに「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を鑑賞。佐藤江梨子演じた女優気取りの長女の痛々しさが切なくて、笑わせる。ああいう人、ホントにいるもん。


4月26日 昼からアクション部会@花伝舎。今日は若駒の竹田先生なんかも参加してらっしゃったのだが、最近のNHK大河の殺陣は4、5台のカメラで一気に最初から最後までマスターで撮るらしい。
それをセットアップを変えて何度も。
まあ、つながりはいいだろうけど、そうすると我々の仕事は本当に立ち回り作るだけで終わってしまうよなあ。アクションは基本、爆破とかカークラッシュとか何度も再現不可能なショット以外は1台もしくは2台ぐらいで撮るのがいいんじゃないかなあ。
経験上、カバレージはどれもベストポジションに入れずに中途半端になってしまうし。
まあ、これはどういった種類のアクションを求められるかということもあるけど、少なくとも程小東や袁和平のようなアクションはこのシステムでは撮れない。
あれはどちらかというと、特撮の撮り方に近いし(笑)。
帰宅して、FTP上でアップされたファイルチェック。明日の打ち合わせに備える・・・、と思ってたらアン・ホイの「天水囲的夜與霧」をうっかり手にとって見てしまった!!
前作の「天水囲的日與夜」が普通のおばさんの本当に何気ない日常を描いていたので、今回もそんな感じかと思ってたら、全く違った! 今度はものすごいドラマチックで、大陸から来た嫁のヒモになりさがったサイモン・ヤムが本当に恐い! この人はこういう役をやるとスターの雰囲気をふっと消して、「香港によくいるおっさん」になれるのがすごいなあと思う。アンディ・ラウじゃこうはならないもん(笑)。
機会があれば(ないか)、どうぞ。


4月27日 昨晩うっかり「天水囲〜」をみてしまったがゆえに、そのあと宿題をいろいろやっていると朝になってしまい、起きたらもう昼前だった・・・。
昼過ぎからCG打ち合わせ。こっちは思ったことを指摘するだけだからいいが、やる方は大変だろうな・・・、なんて思ったら最後、中途半端なものにしかならん。
今回も粘り勝ちしてやる!


4月28日 来月やる予定だったものが延期になってしまった。けっこう準備してたのに・・・。まあ、「007」の最新作だって中止になるご時世だからしょうがない。
ドリームワークス最新作「ヒックとドラゴン」の試写@パラマウント。今日は2Dでの試写だったのだけど、もう肌とかの質感がすごくて「これ実写!?」って感じ。
ストーリーはドラゴンとの友情を通して、男の子が一人前のバイキングに成長するっちゅう、「ビッケ」と「のび太の恐竜」を合わせたような感じで、いかにもアメリカ人好み。
8月公開ということなので、今度は3Dで見てみたい。
昨日のCGの直しが、もうあがってきた。チェックして、カットごとの感想を書いて送る。
でも、それのレスポンスはたぶんゴールデンウィーク後なんだよな。
6月から、また日本から離れてしまうので、その前に出来るだけ進めておきたい・・・。


4月29日 打ち合わせで八王子に。中国人いっぱい。そのあと、買い物で銀座に。中国人いっぱい。そして、新宿に、これまた中国人いっぱい・・・。

Jpg135

「FOREVER 21」がオープンしてたのも、人があふれとる一因か?


| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »