« 今日のつぶやき12 | トップページ | 今日のつぶやき14 »

2010年6月 5日 (土)

今日のつぶやき13

5月22日 池袋の新文芸座で鈴木則文監督の特集上映&トークショー。
鈴木監督といえば、自分たちの世代では、何と言っても「忍者武芸帖 百地三太夫」や「吼えよ!鉄拳」「伊賀のカバ丸」などのJACと組んだ一連の作品が思い浮かぶけど、それ以外にも「トラック野郎」シリーズのような東映のB級娯楽映画をひたすら撮り続けてた人。
今日は「忍びの卍」「徳川セックス禁止令 色情大名」の2本立てだったが、もう立ち見も出るほどの盛況。
映画もタイトルはえげつないものの、今では考えられないほどちゃんと時代劇になってるし、全く手抜きしないで全力でバカバカしいことをやってるので、楽しんで見ることが出来た。
あと、やっぱりシネスコっていいなあと。鈴木監督の話では「百地三太夫」が東映最後のシネスコだそうな。

5月23日 先日のプロットの直しを送る。やっぱり書いた方としては、すぐに反応がほしいところだけど、まあ果報は寝て待てってか。
ドニーから次の作品(ピーター・チャン監督のやつ)の脚本が送られてきた。面白くて、スラスラ読める。
やっぱり売れてる人には自然に良いホンが集中するもの。そして良い映画が出来、さらに良い脚本が集中するという循環。
もちろんその逆もある。そうなったらもう負のスパイラル。
前から気になってた深川栄洋監督の「狼少女」を鑑賞。ホラー映画じゃなくて、昭和のある時代の子どもたちを描いた、みずみずしい児童映画になってた。おすすめ!

5月24日 六本木まで中国ビザの申請。日本人は中国にノービザで滞在できるのは15日間だけ。
中国人の日本入国も緩和されてきたんだから、もうちょっと、せめて1ヶ月ぐらいはビザなしにしてほしいもんだ。
新宿で航空チケットを手配して(北京への直行便がもう満席でソウル経由になってしまった・・・)、「春との旅」鑑賞。
向こうに行ったら、映画もなかなか見に行く時間はなくなるだろうから、今のうちに見れるものを見倒してやろうと思って、ほとんど期待しないで入ったら、すごくよかった。
お客は年輩の人ばっかりで、夕方なのにほぼ満員。しかし、普段あんまり映画館で見る習慣がないのか、全体的に年輩の人の方がマナーが悪いなあ。
鑑賞中に「あ〜、だからこの人はあれよね、実のお兄さんなのよね?」「あ〜、そうそう」とか普通に会話してて、そういうのホントやめてほしい・・・。

5月25日〜28日 打ち合わせ、買い出しとか。見た映画→「ボックス!」「東京島」。
「ボックス!」は正直、全く期待していなかったけど、最近見た中で一番好き。一番良くできてる!というわけではないけど一番好き(わかります?)。
何と言っても市原隼人。彼の取り組みや頑張りがこの映画を支えている。というか今まで市原隼人が苦手だった人も(←僕のことです)、この映画を見たら「おお、やるな〜。これはすごいわ」と思える。
ちょっと最近流行りの「お稽古もの映画」とは違う、アツい映画でした。

5月29日 八王子で買い物してから立川で高瀬将嗣さん(高瀬道場主宰。「カムイ外伝」でも一緒にアクションを担当した大先輩)と「座頭市 The Last」を鑑賞。
帰って来て、知り合いからのメールで「トニー・ジャー引退&出家」のニュースを知る。ええ〜〜〜〜!?
で、ニュースソースを見たら、ホントにそれこそ「マッハ!」のラストみたいに坊主になって象に乗ってるじゃないの!?

http://thaifilmjournal.blogspot.com/2010/05/tony-jaa-enters-monkhood.html

前にも書いたけど、彼とは1996年にタイで「モータルコンバット2」の撮影の時に一緒で、お互いにスタントマンだったけど、とんでもないバネの持ち主で「こんな人間いるんだ・・・」とビックリさせられたものだ。
あのレイ・パーク(後に「エピソード1」でダース・モールをやった彼もこの時は一緒にスタントをやってた)まで霞んで見えたもん。
その後、俳優として「マッハ!」で爆発的な人気になり、「トムヤムクン」「マッハ2」「マッハ3」などの一連の作品でも、監督やアクション指導としても才能を発揮してたのに惜しい。
で、これが日本のメディアでもほとんど報道されないということがまたくやしい。やっぱりみんなアクション映画には興味ないんだね・・・。
でも永久に仏門に入るというわけでもなさそうなので(いろいろ事情があるそうで・・・)、またカムバックする日も来るでしょう。
明日は「マッハ!」を見直そうっと!

5月30日〜6月1日 買い物(自分のではなく、中国人に頼まれたもの)、入金、打ち合わせ、資料集め。映画は「ヒーローショー」と「SR サイタマノラッパー」を見る。
「SR〜」はものすごい低予算だろうけど(アフレコ感丸出しなのが惜しかった・・・)、それを補って余りあるほどの面白さ。すごく切ない青春映画。
ちなみに英語タイトルは「8000 miles」だって。なるほど。

6月2日 昨日は小田一生監督とEのMさんと飲んでて、宇宙人の話で盛り上がってるうちに(小学生か!)いつの間にか深夜になり、寝て起きたら朝の9時半だった。
ヤバい!荷物全然パッキングしてないよ!10時には家出ないと間に合わないよ!
驚異的なスピードで何とか10時10分に家を出て、成田へ。
日本で最後に上野の「井泉」でトンカツ食べようと思ってたけど、そんな余裕があるはずもなく、空港に着いてから、しょっぱいオムライスを食う。
ソウルでメールをいろいろチェックして、昨日の晩やろうと思ってた作業をしてたら、もう時間になってそのまま北京へ。
北京から約2時間、琢州のホテルに着いたのは夜の11時。
中国のスタントマンたちと会い、イム・ワーと打ち合わせをしてたら1時半。
明日は5時半出発!
おやすみなさい。

Mach

トニー・ジャーと。


|

« 今日のつぶやき12 | トップページ | 今日のつぶやき14 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

5月22日の文芸座、私の友人が行っていました!そのあと待ち合わせして新宿ピカデリーで「TRICK」を見ていたのです。
何ともニアミスですね。
トニー・ジャーさんの引退は惜しいですね。もったいない。
「マッハ!」見たくなってきました!

投稿: 森高有紀 | 2010年6月 6日 (日) 15時21分

トニー・ジャーの出家の記事は、タイのサイトなどで見ていたのですが、プラス引退もだったんですね。
ずっと出家したままではないかもしれないけど、あのアクションが、しばらくもしかしたら今後見られないかもとなると大変残念です。

「マッハ!参!」、是非日本で公開して欲しいです。
まずは、「マッハ!!!!!!」を見直そうと思います。

投稿: NAO | 2010年6月 6日 (日) 15時38分

森高有紀  さん

「TRICK」はいまだに見れていません。どうでした?
トニー・ジャーは残念ですが、一時的な出家だと思うので、あと2年ぐらいしたら復帰するんじゃないですかね?

NAO さん

「マッハ!」を先日見直しましたが、トニー・ジャーの素朴な魅力がつまっていて、良かったですねえ。
タイのアクション映画、まだまだがんばってほしいと思います!

投稿: 谷垣健治 | 2010年7月 5日 (月) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103476/34928853

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のつぶやき13:

» トニー・ジャーの出家 [ハートは元気!]
先月末に、トニー・ジャーが出家したというニュースがありました。ThaiFilmJ [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 09時39分

« 今日のつぶやき12 | トップページ | 今日のつぶやき14 »