« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月27日 (金)

モバゲー

先週撮影して、今日からもうオンエア。早っ!!

http://www.youtube.com/watch?v=j-dNzRLR19E

http://www.tvlife.jp/news/detail.php?news_id=49487


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

今日のつぶやき52

5月10日 来週やるCMの打ち合わせ。この監督の撮った映画はけっこう好きなので楽しみだ。そのあと岩盤浴。先週のロケハンで出来た謎の刺され跡は一向によくならず。。。

5月11日 ちょっとお手伝いする日中合作映画のお祓いで調布の布多天神社へ。中国人の監督が「二拍一礼(2回手を叩いて1回お辞儀)」を間違えたもんだから、続く中国人キャストやプロデューサーが全員間違えてた(笑)。そのあと、大内が主催する「A TRIBE」の練習に行って、夜は坂本浩一監督の「仮面ライダーW」の映画版をDVDで鑑賞。すごい密度のアクション。

5月12日 夏にやる作品のキャストの方と顔合わせ。元格闘家の方なんだが、いろいろ器用そうだ。そのあと、CMの打ち合わせ。カメラマンの町田さんは「鬼武者3」のビデオコンテ撮影で一緒になって以来、何度目かわからんぐらい。とにかく年中撮影している印象の人。

5月13日〜14日 「ブラックスワン」をバルト9で見て、DVDで「座頭市 血煙り街道」と「三匹の侍」を鑑賞。
ところで足のかゆみはひいてきたのだが、今度は手がかゆくなり、医者にステロイドを処方されたのでまじめに塗ってたら、手の皮がむけてきた。。。痛くはないのだけど、大丈夫かこれ・・・?

5月15日 高瀬将嗣先生に誘われて靖国神社の古武道演武祭に。しょっぱなは高瀬道場の殺陣でもちろん見応え十分なのだが、そのあとの各武道の方々も地味ながらもセメントならではの迫力があった。
ホントにやったら殺されるな、確実に。
ところで靖国神社は今日が人生初体験だった。そのあと、新宿で打ち合わせして明日の準備。

5月16日 CMのアングルチェック@角川大映スタジオ。ここは本当に久しぶり。

5月17日 CM本番。久々の忍者アクション。終了29時(って何時だ?)。そのあと機材を東宝のスタッフルームに置きに行って帰宅したら朝8時。寝ます。

5月18日 東宝で例の元格闘家の人とリハーサル。やっぱりトップまで上りつめた人は頭も柔軟なので、何でも対応できる。最悪なのは中途半端にかじってる人。

5月19日 打ち合わせがなくなったので、昨日撮った映像の編集してた。

5月20日 久々にジムに行って筋トレ。腕が震え、膝が笑ってる。。。夜は小道具打ち合わせ。

5月21日 昼は「新ポリスストーリー」や「ダニー・ザ・ドッグ」「武士の一分」などを流し見。夜は赤坂で打ち合わせ、と称する飲み会。

5月22日 久々!にキックのジムへ。最近ストレスがたまってるので、サンドバッグ叩くと楽しい。
そのあと中目黒に散髪しに行き、夜は読売新聞で論説委員(つまり社説書いてる人)をやっている濱本良一さんとそのご家族と食事。実は香港に行った頃、読売新聞でバイトしてて当時支局長だった濱本さんにはとてもお世話になったのだ。会うのは実に15年ぶりで、まだ小学生だったお嬢ちゃんは街で見かけても気づかないぐらい、大人になっていた(そりゃそうだ)。
濱本さんも奥さんも元気そうで、すごく楽しい時間だった。
そのあと深夜のバルト9で「豆腐小僧」と「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」を鑑賞。始発で帰宅。

5月23日 昼間は送られて来た最新版の脚本をプリントして熟読。近所のサイゼリアで読んでたのだが、パスタ食って、フォカッチャ食って、ドリンクバー入れて1000円いかなくてって、すごいな。
前にテレビで見たが、この店は食器を上げ下げする時間を短縮するためにトレーを使ってないそうだ。
そういえばみんな器用に腕や手のひらで料理を運んでるわ。何かアクションで使えそうだ(笑)。
夜は女性キャストの剣術訓練に付き添って、道場に。丁寧に話してくれる先生の説明に自分自身も納得することが多かった。今度は受け売りで自分の知識のように他人に話してやろうっと(笑)。

5月24日 「精武風雲」の試写がそろそろ始まる、と宣伝会社の人から教えてもらう。本当にやるんだな〜。中国公開時は検閲でスー・チーの部分がバッサリカットされてしまって、よくわからんストーリーになってしまったが、日本版はどうなのだろう?
そういえば、「モンキーキング 西遊記之大閙天宮」はそろそろ追撮、というかモーキャプの準備。下村さん、がんばってください(笑)。


Wu_xia_2


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

告知!

さて、告知をいくつか。

現在発売中の「キネマ旬報」6月上旬号で「処刑剣 14BLADES」のレビュー書いてます!
       ↓
http://www.kinejun.com/tabid/62/Default.aspx


もう連載13年目、「谷垣健治のアクションバカ街道」が載ってる「映画秘宝」7月号発売中!
          ↓
http://www.eigahiho.jp/


6月3日にシネマート六本木でトークショーやります!テーマ未定!
           ↓
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/topics/index.html


6月6日に東京経済大学で「身体表現ワークショップ」の講義をします。公開授業ではないものの、外部からの見学も可能だそうです。
            ↓
http://anarchy.translocal.jp/shintai/


220416_122177784528274_100002081595

懐かしい写真。ベルリンにて。左からドライバーのHelmut、ドニー、谷垣、下村、吉田。11年ぐらい前だと思うが、まあ何が懐かしいって後ろの広末涼子のポスターだな(笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

「武侠」

13日にカンヌでお披露目、「武侠」のティ−ザー! 面白そうでしょ?
去年の後半はこれにかかりっきりでした・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=tiTjHVqCq_k&feature=share

Jpg200


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

「HOGAHOLIC」

・・・にインタビュー載ってます。
実はこのとき、「強いウィルス性の結膜炎」になっていて(あとでわかった)・・・。
目、開いてないもん(普段から開いてないようなもんだが)。

http://www.holic-mag.com/hogaholic/int/int26.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日のつぶやき51

5月2日 朝から送られて来た「処刑剣 14 BLADES」のDVDを見直してキネ旬の原稿書き。2300字。実際書き出したら、1〜2時間なんだがそれまでが半日ぐらいウダウダしてしまう。いっつもそう。

5月3日 「ダンシング・チャップリン」が見たくて銀座に出かけ、時間ギリギリなので途中タクシーに乗って着いてみたら19:00の回まで満席だった。。。
夜は中学時代の同級生と不動前で飲み。安藤、桑原といういつものメンバーに加えて、今回は山口と星野が参加。星野なんて25年ぶりだよ、もう。みんなで「実は好きだった女子」とか「今会ってみたい女子トップ10」とか、相変わらずくだらない話ばっかりだが、それが楽しいっちゃ楽しい。
あ、山口は「散歩の達人」という雑誌で編集長やってるんで、立ち読みしてあげてください(笑)。

5月4日 キネ旬原稿の修正とか字コンテとか。家でやってると集中できないので近所のジョナサンで仕事。ファミレスとしてのジョナサンは全く好きじゃないが、仕事をする「オフィス・ジョナサン」としての居心地はスタバやミスドよりもいいのだと最近になって気づいた。
夕方に友人の影山礼子さんが阿佐ヶ谷でやってる個展に。刺激になった。

5月5日 新宿区が行う「子ども芸術体験ひろば」。約40人のクソガキ、もといお子様たちを相手にアクションを教える。1コマ1時間で2コマ。いちばん小さい子で2歳・・・、ってどうやって教えるんじゃい!
終了後、東宝で某組の衣装合わせ&打ち合わせ。そのあと、同じ東宝内にある某組に行き、明日のロケハンの確認。

5月6日 朝8時に新宿スバル前を出発し、関東近郊をロケハン。途中の寺で植物にやられ、足がムチャクチャかゆい。かゆいと思ったら痛くなって来た。
東宝にもどったあと、衣装&キャラ打ち。足がすごい熱で全く集中できん。。。

5月7日 足がパンパンに腫れて、字コンテを書こうと思うがムリ。途中、岩盤浴に行くがよけいかゆく、痛くなってしまった。
足ちぎれそう。

5月8日 字コンテを書き上げ、天気がいいので六本木辺りを散策。夜は「大成龍祭2011」で「ジャッキー・チェンの飛龍神拳」を見る。いや〜、あまりにヒドすぎて面白い(屈折してるでしょw)。この作品は大好きで、その昔、蒼井そら主演でほぼ完コピで作った覚えがある。
これ最初にテレ東かなんかでオンエアしたとき(当時のタイトルは「ヤングボディーガード 神拳)は3D放送で、サンチェーンで3Dメガネを購入して放送を見る、ということがあったような記憶があるのだが、誰に聞いても知らんと言われる。
気のせいか?
そのあと、もう1本何か見たくなって、新宿で「岳」鑑賞。こちらは本当に力作。役者もみんな良かった! ・・・ただ、長澤まさみが読む手紙のカットの中で「ホットカルピス」という文字があったのに気がついてしまい、一気に現実に引き戻されてしまった。意図的なもんかどうかは知らんが(でもやっぱ意図的だろう)こんなちょっとしたことで映画の緊張感て削がれてしまうんだな。。。
足の痛みは気にならなくなって来た。

5月9日 映画秘宝の原稿をギリギリで入稿。文春新書「天才 勝新太郎」を読む。演じることには器用だが、生きることには不器用だった典型的な映画バカ。アクションバカとしてはレベルの差こそあれ、身につまされることもある。
読んだ勢いで「座頭市 血煙り街道」を鑑賞。抜群の面白さ!

142

426

影山さんの個展より。
(1枚目)「ウサギマン」。
(2枚目)「スイマー」。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

今日のつぶやき50

4月23日 雨なので、1日中家でDVD見てた。が、「ガンツ PERFECT ANSWER」が見たくなって深夜の新宿バルト9に。ソードアクションがたっぷりあり、「修羅雪姫2」って感じ(笑)。見どころたっぷり!

4月24日 投票行ってから久々にキックの練習。サンドバッグちょっと蹴っただけでもうフラフラだ。。。
舞台の「桃天紅」の東京公演が今日で最後なので下北の本多劇場に。千秋楽とあってみんなやりたい放題。本当にひどい(誉め言葉です)。樋口真嗣監督が見に来てたので、ちょっと話してたら「で、オレは誰に似てるんですか?」って聞かれた。
これは先日のドニー・イェン祭りで「ドニーが樋口さんのことを『お前はヴィンセント・コックか!』とツッこんでた」というマニアックなネタを披露したものだったのだが、それが本人の耳にまで入っているとは恐ろしや(笑)。参加者には「今日の内容は墓場にまで持って行け!」とあれほど言ったのに!
そして夜は六本木の東宝シネマズで「少林寺木人拳」鑑賞。元ホームチームの与座さんも来てたので、一緒に帰った。
帰ってから字コンテ。意外にスラスラ書き上がる。充実の1日!

4月25日 1日中、先日のVコンを編集してた。自分でやるとムチャクチャ時間がかかってしまう。

4月26〜27日 ロケハンで倉敷と京都に。実は人生初岡山!といっても3時間ぐらいだったが。。。京都では20年ぶりぐらいに帷子ノ辻にある松竹京都撮影所に行った。その昔、ここで「鬼平犯科帳」とか「陽炎」「必殺!」とかの撮影に参加してたのだ。当時と比べて見違えるほどキレイになってる!・・・と思ったが、それは玄関だけで中は20年前と見事に同じなので、そのあまりの変化のなさにちょっと笑ってしまった。

4月28日 ヤッシーから送ってもらった韓国映画「アジョシ」を鑑賞。
ウォンビン主演でなかなか凝ったナイフアクションがあったりするのだが、これまた陰惨な映画で自分のように繊細な(?)人間にはちょっとキツい。
日本映画は口当たりのいいお子ちゃま映画ばっかりになっているが、韓国はわざとああしているのだろうか? ヤッシー、今度教えてくれ。

4月29日 小中和哉監督から急にお呼びがかかり、「七瀬ふたたび」の上映会付きトークイベントにゲストで出ることになってしまった。「七瀬〜」はあんまり仕事してない(爆)から、何話せばいいかな〜、とちょっと不安だったのだが、結局2時間近く自分の話ばっかりして終了(笑)。
すいません。

4月30日 高瀬将嗣氏率いる高瀬道場の「技芸会」に審査員で参加。道場メンバーに加えて、一般の殺陣教室に通ってる方々も演舞を発表する。
これが単に延々と殺陣を見せられたなら、こっちも退屈してしまうが、構成演技ともにどのチームも工夫を凝らしていて、見応えがあった! 思わずパクる、もとい参考にしたくなる描写がいくつもあって、感心してしまった。
終了後は打ち上げが4次会ぐらいまで続いて、あとは記憶がない。

5月1日 朝、何気なくテレビをつけたら、たまたま「ゴーカイジャー」がやっていたのだが、そのアクションのクオリティに思わず釘付けになってしまった。
アクションの構成、アングル、カッティング、吹き替えの使い方などところどころにセンスを感じる。今年の戦隊ものは今まで見たことがなかったのだけど、こりゃすごいな〜と思って塩川さん(現在「オーズ」撮影中!)に聞いてみたら、今回は坂本浩一さんが監督なんだと。
すごく納得。
字コンテを途中で投げ出し、キックの自主トレ。そのあと、「これでいいのだ!映画赤塚不二夫」と「八日目の蝉」を鑑賞。「これでいいのだ!」は「これでいいわけないやろ!」と思わずツッコミを入れてしまった。もっと「タリラリラ〜ン(見た人にはわかる)」でいいのに。
「八日目の蝉」は見応えあった。役者の気合いが画面から伝わって来て、またそれを捉える撮影の藤澤さんも手持ちカメラ多用でさぞかし体力気力を消耗しただろうな(笑)と。
これからキネマ旬報の原稿用に「処刑剣」をまた見直さないと。
おやすみなさい(え?)。

141

425

Jpg199

(1枚目)これはですね、某駐車場で警察が犯人を逮捕する瞬間に出くわし、思わずシャッターを切ったもの。現実はドラマのようだった。。。
(2枚目)岡山といえば、きびだんご。
(3枚目)20年ぶり!ここには映像京都があったのに。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »